看護師の転職チェックシート

看護師の転職活動スタートの第一歩

看護師の人で転職をしようと思っている人は、まず転職の目的を明確にすることです。転職を繰り返す人も多いですが、その中には漠然とした理由で転職してしまう人が多いです。そこでなんとなく転職するのではなく、なぜ転職をする必要があるのか、転職してどうなりたいのかを明確にしておきましょう。

 

転職する目的があいまいだと、目的意識もあいまいになってしまいます。そうすると理想と現実との間でギャップができやすくなってしまって、「こんなはずでは…」ということになりかねないのです。転職の目的を明確にすることで、自分自身を見つめ直すチャンスにもなります。例えば、夜勤がない職場に就きたいなら産業保健師 求人や産業看護師の求人、さらにスキルアップしたいなら大学病院の求人、といった感じで転職先を明確にしていく必要があります。

 

もし転職の目的が明確になれば、転職先選びの基準も明確になります。このため、数ある求人情報の中でもいろいろな情報に惑わされることもなくなります。また今勤めている病院の中で転職しようと思っている理由を解決できる可能性もありますので、無駄に転職をする必要がなくなるというメリットもあります。

 

志望動機を考えるにあたって、自分の希望を明確にしよう

履歴書を見てみると、志望動機を記載する欄が必ず設けられているはずです。看護師を採用する側は、どうしてうちに応募したのかの理由を知りたがる傾向があります。そこで志望動機にどのようなことが書かれているか注目するので、自分の言葉できちんと作成することが大事です。

 

履歴書の例文に書かれているような、ありきたりの文章で済ませないようにすることが大事です。具体的に採用されたら、自分はどのような仕事をやってみたいのかといったところまで細かく記載すると、どうしてもそこで仕事をしたいという熱意を相手も受け取ってくれます。

 

なぜその病院に入りたいのかを考えた場合、病院がどのようなポリシーで運営しているのかという情報が必要になります。このような情報は、おそらく病院のホームページなどでも紹介されているはずです。ホームページをチェックして、その情報をうまく織り込みながら志望動機を作成していくことが求められます。入念に準備してから作成することです。